30 August, 2021 rd

REDSHIFT RENDERER にベストレンダーファーム 2022

  • Share:

3Dグラフィックデザイン、アニメーション、VFX、アーキテクチャ、または動画編集、エンコーディングなどの分野で作業している場合、「レンダーファーム」の概念はよく知られています。 レンダリングのためのコンピューターパフォーマンスの大きな問題を解決するためにクラウドレンダリングサービスを提供する多くの巨大なテクノロジーコンピューティング名があります。 各レンダーファームには自分の長所と短所があり、さまざまなサービスと選択肢を提供し、顧客に最高の効率をもたらします。 3Dデザイナーのプロジェクトにベストレンダーファームを見つけるという使命をし続け、詳細を見て、Redshift Renderer にベストレンダーファーム を見つけましょう。

それでは、最初に、Radarrenderがこのトピックを採用することにした理由を見てみましょう。最初の重要な理由は、Google、Youtubeなどのさまざまなメディアサイトで、ほとんどすべてのレンダーファームは、Redshiftの にベストレンダーファーム を適切にサポートしていると、このレンダラーにベストレンダーファームであると主張しています。これまで、これらのレンダーファーム間で具体的、明確、かつ公正な比較が行われたことはありませんでした。これにより、3Dデザイナーは混乱し、おそらく間違った選択をするかもしれません。さらに、世界中の3Dデザイナーから、Redshiftプロジェクトに適したレンダーファームの1つを紹介する・進めるように求める何百ものリクエストが寄せられています。そのため、ユーザーがレンダーファーム間で最も概要の、わかりやすい比較を行うようにこのテストを実施することにして、デザイナーが自分のニーズと比較して最適な選択をできます。

間違いなく、「何よりも」という概念は曖昧です。すべてのレンダーファームは、彼らが最高であると主張することができます。各レンダーファームには自分の長所と短所があることは誰もが知っています。このレンダーファームはこのソフトウェアを十分にサポートしているかもしれませんが、他のソフトウェアには適していません。または、レンダーファームはこの3Dソフトウェアを十分にサポートしていますが、中小規模のプロジェクトにのみ、ファイルが大きすぎて複雑な場合に問題が発生します。したがって、Radarrenderは、各ソフトウェアの詳細を調べ、最も正確な結論を提供します。興味があれば、ここでテストを行い、Blender、Eevee vs CyclesのベストレンダーファームベストLumionクラウドレンダリングとのレビューを行いました。また、使用しているソフトウェアがない場合、心配しないでください、後で各ソフトウェアについての一連のレビューがあります。私たちからの最新の記事にご期待ください!

評価の範囲と方法

具体的には、このレビューの主な代表者は、Garagefarm、Fox Renderfarm、iRender、Ranch Computing、Rebusfarm、前回の記事で2022年に最も価値のあるレンダーファームとして評価した5つのレンダーファームです。使いやすさ、ビジネスモデル、ソフトウェアのバージョンとプラグインの互換性、価格、レンダリング速度、その他のいくつかの要因などの評価要素により、これら5つのレンダーファームは他の何百もの競合他社を上回り、トップ5ベストレンダーファーム2021にランクインしています。ここで評価を行うレンダーエンジンはRedshiftレンダラーです。より詳細には、このプロジェクトはCinema 4DソフトウェアR21バージョンで設計され、Redshift 3.0.44レンダーエンジンでレンダリングされました。ご承知のとおり、Redshiftは3Dレンダリングのプロダクションであり、世界初の完全かつ強力なマルチGPU高速化された、バイアスレンダラーです。このレンダリングエンジンは、現代のハイエンドプロダクションレンダリングの特定の要求を満たすように構築されています。クリエイティブな個人やあらゆる規模のスタジオをサポートするように調整されたRedshiftは、今日、強力な機能のセットを提供し、Cinema4Dを含む業界標準のCGアプリケーションと統合します。テストプロジェクトには、1920 x1080の解像度11フレームが含まれています。評価プロセスに、この同じテストプロジェクトをこれらの5つのレンダーファームに持ち込み、最終的なレンダー出力が得られるまでプロジェクトを通常どおりにレンダリングし、レンダリング時間とコストの関係、長所と短所を計算して、これらのレンダーファームをランクします。

私たちのテスト結果をざっと見たい人のために:

  • iRender総コスト:$2.1、レンダリング時間:11.73分
  • Ranch Computing  – 総コスト:$11.71、レンダリング時間:3.63分
  • Fox Renderfarm – 総コスト:$4、レンダリング時間:10分
  • Rebusfarm – 総コスト:$13.57、レンダリング時間:6.42分
  • Garagefarm  – 総コスト:$3.06、レンダリング時間:12.9分

REDSHIFT RENDERERにベストレンダーファーム2022

1. iRender

明らかに、マルチGPUレンダリングiRenderの長所で、特にRedshiftなどのGPUベースのレンダラー。このレンダーファームのハードウェア仕様は印象的で、RTX 3090RTX 3080などNvidiaの主力製品と最先端のグラフィックカードを含んでいます。サーバーは1/2/4 RTX 3090/3080で、モンスター6 RTX 3090もあり、CPUはIntel Xeon W-2245 @ 3.90GHzです。

レンダリングはWebベースで管理されます。他のレンダーファームとは異なり、ここでの全体的なコンセプトは、ユーザーがリモートデスクトップを介してオンラインで強力な物理サーバーに接続し、完全かつ柔軟に制御できるようにすることです。選択したサーバーの100%のパフォーマンスを使用して、他のサーバーと共有しないで、レンダリング時間を短縮します 。ユーザーは、ソフトウェアを再インストールしたり、ファイルを再アップロードしたりすることなく、これらの強力なサーバーを柔軟にかえることができます。この高度にカスタマイズされた機能を備えたiRenderは、大規模で複雑なパイプラインと厳しい期限のあるジョブに適しています。ユーザーは、強力なサーバーを制御し、アセットやマテリアルなどを変更する場合、ローカルコンピューターでするのと同じように、シーンファイルを直接カスタマイズできます。サーバーとから・にファイルをダウンロード・アップロードするのも、Gpuhubsyncという双方向同期ツールを介してすばやく簡単に実行されます。さらに、iRenderはRedshiftのすべてのバージョンをサポートし、Primeユーザーにも無料のRedshiftライセンスを提供します。最後に、レンダリングコストは他の4つのレンダーファームよりも安いです。iRenderには、新規顧客の最初のチャージに対する50%のボーナス、$ 118から$ 1500へのチャージにたいする5から25%のボーナス、または日・週レンタルに対する20%から40%の割引など、多くのプロモーションがあるためです。ユーザーがこれらのプロモーションを利用できれば、レンダリングのコストは驚くほど安くなります!

ただし、iRenderでのレンダリングには、初めてより多くの手順が必要になります。 上記のように、ユーザーは新しいマシンにソフトウェアを手動でインストールしなければなりませんが、一度だけ、インストールされたすべてのデータが後で使用できるように自動的に保存されます。 さらに、ユーザーは自分のソフトウェアライセンスを使用してiRenderでレンダリングする必要があります。これは、ローカルコンピューターでRedshiftライセンスを使用したい場合は多少不便です。 または、無料のRedshiftライセンスを取得するために彼らのプライムになることもできます! さらに、テストでは、最初に6 RTX 3090の最も強力なサーバーをテストするつもりですが、このサーバーは一時的にフルになっているため、代わりに4 RTX 3090のサーバーでテストすることにしました。

IRENDERのテスト結果:

+ フレーム数:11

+ キュー時間:キュー時間なし

+ ソフトウェアのインストール時間:10.27(1回のみ)

+ レンダリング時間:11.73(ソフトウェアのインストール時間を除く)

+ コスト:$2.1 

→ 1000フレームのレンダリングには約17.7時間と $190かかります

テスト結果に基づいて、このレンダーファームは1にランクされ、価格の点で最も安いレンダーファームになります。レンダリングコストは、Ranch Computingよりも5倍安く、Rebusfarmよりも4倍安くなっています。それは、最初の預金の50%のボーナス、日・週で借りる場合の20-40%の割引など、他のプロモーションは言うまでもありません。レンダータイムに関しては、このレンダーファームは4です。このテストでは1つのノードしか使用しないため、これは非常に合理的です。 iRenderを使用すると、ユーザーは複数のノード(10 ++ノード)を同時に使用できます。ユーザーは、2つまたは3つ以上のノードを使用するため、レンダリング時間はそれに応じて2倍または3倍以上に短縮できます。このレンダーファームを体験するときのもう1つのハイライトは、「キュー時間なし」です。レンダリングの場合、待つことは幸せではありません!

2. Ranch Computing

RANCH Computingは、CPUベースとGPUベースのレンダリングを両方提供しています。 GPUタイプはかなり時代遅れGTX 1080Tiです。ただし、ユーザーは多数のレンダーノードを活用してレンダリング時間を短縮できます。 GPU-Low(OB時間あたり0.009)に14ノードGPU-Medium(OB時間あたり0.012)に28ノードGPU-High(OB時間あたり0.016)に56ノード最大あります。これが、このレンダーファームのレンダリング時間が最短である理由です。

レンダリング管理もWebにあります。最初のステップは、無料のオンラインツールRANCHeckerをダウンロードし、それを3Dソフトウェアに統合して、その後のスムーズなレンダリングのためにシーンを注意深く準備およびチェックすることです。このプラグインは、シーンで使用されるすべてのアセットを収集し、レンダリングパラメータを確認し、必要に応じてファイルパスを変更し、問題が発生した場合に警告します。ファイルのアップロード、キューリストの待機、レンダリングと結果のダウンロードなど、残りのワークフローは普通どおりです。幸いに、ユーザーはプロジェクトをローカルコンピューターからRANCHに直接送信できます。安全で高速なFTPアカウントからフレームをダウンロードすることも、このレンダーファームの強みです。

レンダリングの順番を待つ必要がありますが、Ranchのダッシュボードを使用すると、キューに入れられているジョブの数、またはレンダリングプロセスの特定の割合で今レンダリングされているジョブの数を知ることができます。さらに、Ranchは優先度を提供します。これは、待機リスト内のプロジェクトを並べ替え、プロジェクトごとに最大ノードを割り当てます。テストでは、最高の優先度を選択した後、プロジェクトを送信してから1分も経たないうちにジョブのレンダリングが開始されました。

ただし、RebusfarmやGaragefarmなどの他のレンダーファームと同様に、ユーザーはサービスを受ける前にキューに入れる必要があります。これは、Ranchがキューの部分を明確に示していても、順番を待つときにあいまいになり、正確にどのくらいの時間がかかるかわからない場合があります。 さらに、RanchがRedshiftの限定バージョンのみをサポートしていることに気付きました。 具体的には、R17からR24までのCinema 4Dソフトウェアに、このレンダーファームはRedshift3.0.5の1つのバージョンのみをサポートします。 最後に、Ranchにはプロモーションや割引がほとんどありません。 現在、彼らはすべてのチャージに対して10%のボリュームボーナスしか顧客に与えていません。

RANCH COMPUTINGのテスト結果:

+ フレーム数:11フレーム

+ キュー時間:0.65(最高の優先度)

+ レンダリング時間:3.63(キュー時間を除く)

+ コスト:$11.71

→ 1000フレームのレンダリングには約5.5時間と $1,064かかります

多数のノードを活用する機能により、RanchComputingのレンダリング時間が最速になります。 レンダリング時間は、GarageFarmの約4、FoxRenderfarmの約3です。 ただし、このレンダーファームが、最も高価なレンダーファームで2になり(Rebusfarmよりもわずかにやすい)、レンダリングコストは非常に苦痛です。 したがって、締め切りが非常に厳しく予算が問題にならない場合は、このレンダーファームを使用することを検討できます。 それ以外の場合は、価格とレンダリング速度の両方でiRenderの方が適しています。

3. Fox renderfarm

ハードウェア構成は、Fox renderfarmの長所です。 GPUノードのマシン仕様は、GTX 1080Ti2080Ti(GPUリージョン1)からRTX 3090(GPUリージョン11)、Tesla T4(GPUリージョン12)までさまざまです。リージョンが異なれば、選択できるノードも異なり、1624物理コアを備えたCPUがあります。 RedshiftはマルチGPUカードを使用してレンダリングを高速化できるため、現在最も強力なGPUカードであるRTX 3090をテストするように、GPUリージョン11を選択します。デフォルト構成は2 RTX 3090ですが、ノード数が表示されていませんレンダリング管理に関しては、Fox Render Farmは、Webまたはデスクトップクライアントアプリケーションのいずれかで(私たちはWeb管理を使用する)ユーザーに2つの方法を提供します。レンダリングは、アセットのアップロード、ジョブの送信、シーンの分析、そして最後にレンダリングを含む4つのステップに従うだけです。ファイルのアップロード・ダウンロードに関して、このレンダーファームは、Raysycnと呼ばれる便利なファイル転送アプリケーションを提供します。これは高速伝送ソリューションと見なすことができます。テストでは、ファイルは、Web管理に1分ですばやく表示され、送信、分析、およびレンダリングされるのを待ちます。 Foxは、C4dのバージョンに応じて、2.63.0を含むさまざまなバージョンのRedshiftをサポートします。

ただし、前述したこのレンダーファームの弱点の1つは、ユーザーが使用するノードの数を選択できないことです。 実際、Fox RenderFarmの1つのノードにあるグラフィックカードの数は2つのカードで固定されています。 その結果、2つ以上のGPUを備えた単一ノードの強力なパワーをレンダリングに利用することはできません。 さらに、ユーザーのチャージが $500から $10 000の範囲の特定の大きな金額に達した場合にのみ価格が安くなります。現在、通常の顧客向けの他の割引やボーナスプロモーションはありません。 したがって、プロジェクトがそれほど大量にレンダリングされる必要がない場合、レンダリングコストが高くなります。 もう1つの小さな弱点は、あるリージョンから別のリージョンに変更したときにファイルを再アップロードする必要があり、レンダリング後のファイルがPCに自動的にダウンロードされないことです。

FOXのテスト結果:

+ フレーム数:11

+ レンダリング時間:10

+ コスト:$

→ 1000フレームのレンダリングには、約15.1時間と $364かかります。

この結果により、Foxは、価格レンダリング時間について、5つのレンダーファームの中で3にランク付けされています。この結果は私たちを満足させます。プロジェクトが小さく、シンプルで、シーンの調整・カスタマイズは必要ない場合、Foxは、かなり妥当なレンダリングコストでiRenderおよびRanch Computingの適切な代替選択肢になります。

4. Rebusfarm

Rebusfarmは、CPUがIntel i9-7980XE2.60 GHz18コアであり、GPUが48GBDRAMを搭載した強力なQuadro RTX 6000です。これにより、メモリを大量に消費するプロのワークロードでパフォーマンスが向上します。 RebusfarmでのレンダリングプロセスはWebベースで管理されます。ユーザーが最初にローカルコンピューターでプロジェクトを準備しなければなりません。次に、ファイルのアップロードとダウンロードは、Rebusdropと呼ばれる便利なRebusFarmアドオンによって自動または手動で管理できます。ユーザーはクラウドレンダリングジョブを監視でき、このツールを使用していつでもすべてのジョブを開始、一時停止、キャンセルできます。特に、ジョブはフレームごとにレンダリングされるため、事前に選択したフォルダーに自動的にダウンロードされます。ファイルが大きい場合、それは素晴らしく、時間の節約になります。 Rebusfarmは、Redshift 2.02.52.63.0を含んで、さまざまなバージョンのRedshiftをサポートします。

ただし、このレンダーファームの大きな欠点は、価格、優先度、キューに関連しています。つまり、優先度が高いほど、プロジェクトのレンダリングが速くなり、支払うコストが高くなります。 ジョブの優先度は、標準(0.552セント/ Obh + 0.1セント/ Obh)から優先度7(2.698セント/ Obh + 0.1セント/ Obh)までです。 まず、標準オプションを試してみます。 ただし、30待ちますが、それでもファイルがレンダリングされないままであり、どのくらいの時間がかかるかわかりません。 次に、最も高い優先度を選択し、その後1分以内にレンダリングが開始されます。 したがって、急いでいてファームがフルになった場合は、追加料金を支払ってキューの順番を待つしかありません。

さらに、Rebusfarmには多くのプロモーションや割引がありません。 現在、$500のチャージに対する5%から $50,000のチャージに対する60%までのボリュームディスカウントを顧客に提供しています。

REBUSFARMのテスト結果:

+ フレーム数:11フレーム

+ キュー時間:0.43(最高の優先度)

+ レンダリング時間:6.42(キュー時間を除く)

+ コスト:$13.57(11.5 RPに相当)

→ 1000フレームのレンダリングには、約9.7時間と $1,233かかります。

強力なハードウェア構成により、当然のことながら、このレンダーファームはレンダータイム2にランクされています。ただし、レンダリングコストは5つの中で最も高くなります。最も高価ですが、最速ではないRebusfarmはRedshiftに最適なレンダーファームではありませんが、高速レンダリングソリューションが必要な場合は依然としてトップです。

5. Garage Farm

Garage farmはCPU仕様がIntel E5-2699V42.20 GHz22コアで、1x CPU、2x CPU、4x CPU構成、60-240GB RAMで(ノードあたり最大88コアを所有でき)利用可能でありますが、正直なところ、GPUレンダリングにはグラフィックカードの8x Tesla K808x Tesla P100 16GB vRAMがかなり古いです。レンダリング管理はWebベースです。でも、ジョブの準備と最終結果を得るには手順が多すぎるため、ユーザーは少しがっかりします。renderBeamerアプリのインストールしたり、ソフトウェアのインターフェイスでのジョブの準備したり、ユーザーがプラグインを使用してモード、カメラ設定、レンダリング設定をせっていするようにGarage Farmアプリをソフトウェア統合したりする、Garage Farmサービスの使用方法をわかるには時間がかかります。残りの手順には、ジョブのアップロード(時間がかかる)、ジョブの送信、レンダリングの進行状況の監視が含まれます。

幸いなことに、このレンダーファームは、Redshiftのすべての公式バージョンをサポートしています。 通常、プラグインは、ユーザーがプロジェクトで使用しているバージョンを自動的に検出し、同じバージョンを使用してこのプロジェクトをファームにレンダリングします。 さらに、レンダリングされたすべてのフレームは、できると自動的かつ即座にダウンロードされます(ユーザーがこの機能を有効にした場合)。 本当に便利です! GPUレンダリングはこのレンダーファームの長所ではありませんが、レンダリング時間を短縮するように、10ノード、25ノードと最大50ノードに対応する低優先度(0.0025 / OB時間)、中優先度(0.0038 / OB時間)、または高優先度(0.0050 / OB時間)からプランを簡単に選択できるため、まだ満足しています。

GARAGEFARMのテスト結果:

+ フレーム数:11

+ キュー時間:6.88(最高の優先度)

+ レンダリング時間:12.9(キュー時間を除く)

+ コスト:$3.06

→ 1000フレームのレンダリングには約19.5時間と $278かかります

このテスト結果は当然のことです。 GaragefarmのGPUカードはそれほど強力ではありません。ジョブのレンダリングに最高の優先度を選択した場合でも、このレンダーファームがレンダリングを完了するのに最も長い時間がかかります。 さらに、レンダリングが開始される前に、まだ7キューに入れる必要があります。 ただし、安価なレンダリングコストにより、私たちの待機をいくらか緩和します。 このレンダーファームは、5つのレンダーファームの中で2位に安いです。

結論として、iRenderのレンダリングコストは最も安く(Ranch Computingより5倍安い)、一方、Ranch Computingのレンダリング時間は最も短い(iRenderより3倍短い)。したがって、単純なプロジェクトと適切な予算がある場合は、Ranchが適しています。一方、プロジェクトが大きく、複雑で、多くのカスタマイズと調整が必要な場合は、iRenderを選択した方がよいです。テストのように1つのノードのみを使用するのではなく、ユーザーが複数のノードを同時に利用する場合、iRenderでのレンダリング時間はテストよりもずっと速くなります。

価格とコストを評価して、Rebusfarm、Garagefarm、Ranch Computingのキュー時間除外されることに注意して、これらのレンダーファームは、キュー時間が課金されていないとも言っています。ただし、より高い価格で優先レンダリングを選択できることで、ユーザーはより速くレンダリングされるように直接支払い、このキュー時間に対して間接支払います。したがって、キュー時間もレンダーファームを選択するための重要な基準です。私たちのテストでは、iRenderにはキュー時間がありません。最高の優先度を選択した後、Fox Renderfarm、Ranch Computing、およびRebusfarmではプロジェクトがほぼ即座にレンダリングされましたが、Garageではキュー時間がかなり長かった(6.88分)。

Related Articles

, , , , , , , , , , , ,