4 May, 2021 rd

CPUとGPUの トップ5ベストレンダーファーム 2022

  • Share:

なぜレンダーファームが必要なのですか?

3Dプロジェクトをレンダリングするには、アニメーションと視覚化を計算して、光、反射、または影を定義しなければなりません。この計算プロセスでは、3Dアプリケーションに加えて時間とコンピューティングパフォーマンスが必要です。

平均して、1秒の長さのアニメーションは30個の単一フレームで構成されます。これは、1800の単一フレームが1分の長さのシーケンスに対して計算された平均数であることを意味します。シーンの複雑さに応じて、1つのフレームを計算するのに数秒から数分または数時間かかる場合があります。複雑な照明、テクスチャの計算を伴う複雑なシーンは、フレームの計算を完了するのに多くの時間を必要とします。たとえば、複雑なシーンの単一フレームを10分以内にレンダリングできるローカルコンピューターでは、1800フレームを計算するのに約13日かかります。コンピューターはフル稼働しており、この期間中は使用できません。

強力なワークステーションまたはレンダーファームに投資するには莫大な金額が必要であり、場合によっては、レンダーファームの能力を最大限に活用しないと、かなりの費用が無駄になります。強力なハードウェアを購入するだけでなく、各ノードの電気代、メンテナンスコスト、およびソフトウェアライセンスを支払う必要があります。

したがって、レンダーファームの使用は、これらの場合に非常に役立ちます。レンダーファームを使用することで得られる明らかな利点には、時間コストがあります。

レンダーファームを選択する要因はどれですか?

使いやすい

UI / UXプラットフォームのグループは、アプリ、3Dアプリプラグイン、Webをサポートしています。

パイプラインとワークフローのグループは、ユーザビリティの結果が簡単に統合できるという点で優れています。

設定のグループ:ファイルのパッキング、検証をサポートするフル設定、詳細など。

FTP、sFTP、dropbox、google drive, one driveなどでアップロード速度・複数、1つのプロジェクトのアップロードのグループ。

SaaS vs IaaS

IaaSベースのレンダーファームは、リモートサーバーの完全な制御を提供し、顧客が任意のソフトウェアをインストールし、必要に応じてプロジェクトをカスタマイズできるようにします(複雑なパイプラインや大規模なプロジェクトに適しています)。

SaaSベースのレンダーファームはより簡単に使用できますが、レンダリング中に問題が発生した場合、エンドユーザーはプロジェクトを調整できません(簡単なワークフローや小規模なプロジェクトに適しています)。

ソフトウェアバージョンおよびプラグインとの互換性

サポートされているソフトウェア、プラグイン、レンダリングエンジンを見てください。

価格

価格、実際の費用、暗黙のコスト、見積もりコストのグループ。

レンダリング速度

ジョブのレンダリングに使用されているノードの数はいくつですか?

どのCPUとGPUタイプが提供されていますか?

その他

速度とデータログ(レポート)の分析、価格と時間の見積もりのグループ。

サポートサービスのグループ:迅速な対応、いくつかのサポート方法、人間の参加者の有無など、本当に24時間年中無休で働いています。

割引、プロモーション、規則性、試用などの基準。

セキュリティ、ポリシー、およびプライバシーの保護に関するガイドラインの基準。

支払い方法、請求、返金の基準。

トップ5ベストレンダーファーム 2022

1. iRender Farm

サポートされているアプリケーション:

iRender Farmは、すべての3Dソフトウェアとプラグインをサポートしています。 リモートサーバーに任意のソフトウェアとアプリケーションをインストールできます。

長所:

  • CPUとGPUのクラウドサービスを両方提供する。
  • iRenderアカウントを作成した後、無料の5ドルのレンダリングクレジットでサービスを試すことができる。
  • ユーザーが物理サーバーを完全に制御できるようにするIaaS機能。
  • WindowsまたはUbuntu OSで実行されているすべてのアプリケーションをサポートする。
  • リモートサーバー上で明確に詳細化される最先端のGPURTXシリーズ)を備えた堅牢で強力なマシン
  • データ転送ツールを無料でサポートする。
  • ユーザーのワークスペースの保存をサポートする。
  • RTX 2080TiおよびRTX 3090カードのNVLinkをサポートする。
  • 24時間年中無休のサポート。
  • 多くの割引。
  • リーズナブルな価格。
  • 特に、これは、典型的な例としてLUMION、シングルGPUを使用するソフトウェアをサポートするトップ5の唯一のレンダーファームです。 そして、マルチGPUについてはどうですか? 実際、これらはNvidia Iray、Nvidia Omniverseなどの特別なソフトウェアをサポートする数少ないレンダーファームの1つでもあります。

短所:

  • 限られたFAQドキュメント。
  • IaaS機能のみ。

2. Fox Render Farm

サポートされているアプリケーション:

長所:

  • CPUとGPUのクラウドサービスを両方提供する。
  • アカウントを作成した後、無料の25ドルのレンダリングクレジットでサービスを試すことができる。
  • 2種類の送信のサポート:Web送信とデスクトップクライアント送信(WindowsLinux OS)。
  • たくさんの主要な3Dソフトウェアとレンダラーをサポートする。
  • 手頃な価格。
  • 24時間年中無休のサポート。
  • 十分に文書化されたFAQとチュートリアル。

短所:

  • 複雑なUI / UXとシーンのアップロード。
  • ハードウェアの詳細がない。
  • SaaS機能のみ。

3. Rebus Farm

サポートされているアプリケーション:

長所:

  • GPUとCPUのレンダーファームサービスを両方提供する。
  • 新規登録者はそれぞれ、クラウドレンダリング用に01ドル相当の25 RenderPointsの無料トライアルを受け取る。
  • フレンドリーなUI / UXインターフェースで、シーンファイルのアップロードが簡単。
  • 多数のサポートされている3Dパッケージ。
  • リーズナブルな価格と頻繁な割引。
  • 正確なオンライン価格計算機。
  • 24時間年中無休のサポート。
  • 十分に文書化されたFAQとチュートリアル。
  • CPUベースのレンダリングの優れたサポート。

短所:

  • SaaS機能のみ。

4. RanchComputing

サポートされているアプリケーション:

長所:

  • GPUとCPUのレンダーファームサービスを両方提供する。
  • Webベースのシーンアップロードシステム。そのため、さまざまなソフトウェアパッケージに統合された使いやすいアドオンを備えたブラウザにアクセスできる任意のデバイスからレンダリングされるようにシーンを送信できる。
  • リーズナブルな価格。
  • 登録後に連絡すると、30ユーロの無料トライアルを受け取る。
  • 十分に文書化されたFAQとチュートリアル。

短所:

  • GPUハードウェアの詳細が不明だ。
  • SaaS機能のみ。
  • RANCHCOMPUTINGは現在、9999を超えるフレーム番号をサポートしていない。
  • 24時間のカスタマーサポートはない。

5. Garage Farm

サポートされているアプリケーション:

長所:

  • GPUとCPUのレンダーファームサービスを両方提供する。
  • リーズナブルな価格。
  • 多数のサポートされている3Dパッケージ。
  • SaaSベースのレンダーファームの無料の25ドルのレンダークレジット。
  • 十分に文書化されたチュートリアルと素晴らしいフォーラム。
  • IaaSSaaSの機能を両方提供する。
  • 24時間年中無休のサポート。

短所:

  • 限られたアニメーションのみのコスト計算機。
  • 複雑なUI / UXとシーンのアップロード。
  • 現在、SaaSOctaneRenderはサポートされていない。
  • IaaSユーザー向けの無料データ転送ツールをサポートしていない。

特定の3Dソフトウェアにベストレンダーファーム

BLENDERにベストレンダーファーム

私たちがBlenderに使用しているレンダーファームを参照して、以下はトップ4のベストBlenderレンダーファームであります。

  • Renderstreet
  • Tresorio
  • iRender
  • Garage Farm

REDSHIFTにベストレンダーファーム

Radarrenderは、Maya、Cinema4D、Houdiniなど、3Dソフトウェア用のトップ4のRedshiftレンダーファームをテストして選択しました。

  • iRender
  • Rebus Farm
  • Fox Render Farm
  • RanchComputing

シングルGPUソフトウェアにベストレンダーファーム

私たちがレビューして評価したものによると、シングルGPUカードに基づいてレンダリングされる、Lumion、Twinmotion、Enscape、またはKeyshotに最適な2つのレンダーファームがあります。

  • iRender
  • AWS

このアーティクルは、Radarrenderチームがレンダーファームサービスを使用してきたことに基づいて書かれており、それらを評価してレビューします。 また、CGDirectorのレビューも参考にしています。 レンダーファームのランキングが以前のレビューで変更されたことは当然のことです。 これは、3〜6か月ごとに、レンダーファームを再利用し、ランキングを更新するためです。

ご不明な点がございましたら、以下にコメントするか、[email protected]までメールをお送りください。

[gs-fb-comments]

, , , , , , , , ,